ハイドロキノン ハイドロキノンクリーム 通販

ハイドロキノンクリーム4%おすすめの 個人輸入通販はこちら

100%正規品保障・100%配達保障の個人輸入

 

ハイドロキノンクリーム,美白,しわ取りクリーム

 

ハイドロキノンクリーム,美白,しわ取りクリーム
ハイドロキノン4% 最安1本=480円〜 

 

 購入前後の問い合わせに親身に対応してくれます。
 又、不良品の問い合わせにも素早く丁寧な対応をしてくれるので個人輸入に不安がある、より安心な購入を望む方におすすめです。

 

全品送料無料・カード払いOK!

>>ハイドロキノン4%クリームの詳細はこちら <<

 

 

 

ベストケンコーは正規品のみ販売する個人輸入代理店だから安心

 

薬専門の個人輸入代理店として10年間の経営実績があるベストケンコーは

個人輸入に不安を感じている、より安心な購入を望む方に特におすすめです。

 

ハイドロキノンクリーム,美白,しわ取りクリーム

 

 

ハイドロキノンクリーム4パーセントの効果・効能

ハイドロキノンは、美白成分開発の際には効果目標とされる「究極の美白成分」で、しみ(老人性色素斑・肝斑(かんぱん)・ニキビ跡や傷跡の色素沈着)シワ等の有効成分として医療の現場などで実際に使われている成分です。

 

ハイドロキノンは一般的な美白成分に比べ、チロシナーゼの活性において約100倍の抑制力があるという研究結果が出ています。
過剰に増加してしまったメラニン色素も、還元作用により薄くする働きがあるので、まさに最強の成分と言えます。

 

老人性色素斑にこそハイドロキノン

 

老人性色素斑とは30代から出始める紫外線が原因できるシミのことです。

 

メラニン色素が原因でできるこのシミにこそハイドロキノンは効果的に働きかけます。

 

 

手の甲のしみから始めると安心

 

ハイドロキノンは強い薬ですので、肌荒れが強く出る方もいます。

 

そんなハイドロキノンに期待しつつも、顔につけるのはちょっと怖いなと思う方には手の甲など顔より肌が強い部分から始めてはどうでしょうか?

 

手の甲もシミが増えると加齢を感じる部分です、シミはなるべく避けたい部分ですからね。

 

 

背中・ニキビ跡クレーターの色素沈着

 

ニキビ跡の治療薬として処方されるハイドロキノンですが、必ずしもすべてのニキビ跡に対応できる訳ではありません。

 

ハイドロキノンにはメラニン色素を抑制する働きがあるので、黒ずんだニキビ跡や赤黒くなったニキビ跡など色素沈着には効果的ですが、クレターなど肌の凸凹には効果はあまり期待できません。

 

肌の凸凹をなめらかにするためには、ハイドロキノンとは違う働きの成分が必要です。

 

ニキビ跡をうすくし目立たなくするとして米国ドクター推奨No.1です。

 

 

>>メデルマ公式サイトはコチラ<<

 

傷口・傷跡・わきが手術跡

 

ワキガの手術などで傷口はなめらかななんだけど傷跡が黒ずんでいる方にはハイドロキノンはおすすめです。

 

傷跡が黒ずんでいたり、茶色味がかかっていると傷口は余計に目立ちます。

 

このように傷口・傷跡を目立たなくする治療薬として処方されるハイドロキノンですが、傷口のガタガタした傷跡をなめらかにすることはできません。

 

傷口や傷跡の肌をなめらかにするには、メデルマを別途使用することをおすすめします。

 

ハイドロキノンは乳首の黒ずみにも効果があるか?

 

乳首の黒ずみに強いコンプレックスを抱いている女性は少なくありません。
また、妊娠すると乳首やデリケートな部分などが黒ずむといいます。
妊娠などで女性ホルモンの変化によって乳首が黒ずむ場合があるのです。

 

乳首というものは皮膚の一部なので生まれながらに色の個人差があることは言うまでもありませんが、皮膚が摩擦や圧迫・炎症などを受けると、メラニン色素が生成されて黒ずんで見えるようになるともいわれています。

 

メラニン色素とはシミやソバカスの原因となるものであるため、それらの肌トラブルと同じ対策を取ることで、乳首の黒ずみも緩和されると考えられます。
そこで肌の漂白剤といわれるハイドロキノンを気になる部分に塗ることで、有効成分がメラニン色素のはたらきを抑制して、徐々に黒ずみが薄くなっていく効果が期待されます。
使い正しく使わなければ、白斑がところどころにできてしまいます。

 

妊娠中・妊娠希望のちくびへの使用禁止

 

ハイドロキノンは妊娠中の使用は禁止です。
妊娠期間にどんどん黒ずんでいく乳首に塗りたくなってしまう人もいるでしょうが、赤ちゃんのために使用は辞めましょう。

 

妊娠希望中の方も、いつ妊娠するかわからに状態でしたら使用は控えた方が良いです。

 

どちらにしても妊娠するだけでシミは増えやすい状態になります。

 

出産後、母乳をやめた後、再度ハイドロキノンで美白する方が安全です。

 

 

 

ハイドロキノンは陰部やデリケートゾーンやおしりシミ取りにも効果があるか?

 

デリケートゾーンやお尻のような他人に相談しにくい黒ずみを気にしている女性は多くいます。

 

デリケートゾーン専用の黒ずみ石鹸を使用するのも良いですが、Vラインやお尻の粘膜以外の黒ずみにはハイドロキノンの方が早いかもしれません。

 

紫外線の影響を受けやすいハイドロキノンですが、日焼け止めクリームを塗っても影響がない部位ですので、1日中ハイドロキノンを塗ることができるので早期の美白が可能です。

 

但し、粘膜につくのを避けるためにIラインへの使用は避けた方が無難です。

 

茶色クマなら消える

 

青クマは血管のうっ血で目元の皮膚が薄いことが原因なので、ハイドロキノンは効果がありません。

 

黒クマは、涙袋やシワの陰影なのでハイドロキノンは効果がありません。

 

茶クマはメラニン色素が溜まってできる場合があるのでハイドロキノンが効果的な場合もあります。

 

体の黒ずみ・ひざ・肘・股間節・股擦れ

 

黒ずみの原因が皮膚摩擦によるメラニンの沈着であればハイドロキノンが効果的な場合もあります。

 

しかし、古い角質がたまって黒ずんでいる場合は、まずはハイドロキノンより安全性が高いピーリングを続けてみましょう。

 

それでも改善されなければ、ハイドロキノンを使ってみましょう。

 

唇への使用

 

唇への使用はやめた方が良いです。

 

ハイドロキノンは。亜硫酸エステルという物質を含んでいます。
この成分はアレルギーを引き起こす場合があります。

 

間違って、口の中に入っていった場合、粘膜でできた口内にどんなトラブルが起こるが怖いからです。

 

どうしても、黒ぽい唇を美白したい方は敏感肌の方でも使用できるルミキシルの方が安全ではないでしょうか?

 

 

>>ルミキシルクリーム公式サイトはコチラ<<

 

レーザー照射後の塗り薬としてのハイドロキノン

 

シミを薄く治療としてレーザー照射を受けると、肌はかさぶたになって剥げてシミが薄くなり、ある程度の結果が出るまで3か月くらいかかります。

 

その際、レーザー照射後の再色素沈着や反応性色素増強を予防するために1-2か月の間塗り薬として処方されます。

 

タトゥー治療後に塗り込むと有効なハイドロキノン

 

タトゥーをレーザーで消す場合、あと少しで消えるという場合、病院によってはハイドロキノンをすすめます。

 

ハイドロキノンだけでは絶対消えないタトゥーですが、併用することでタトゥーがキレイに消えたという喜びの口コミが多いです。

 

 

チロシナーゼとシミ

 

チロシナーゼの活性化を抑えることがシミを消すことになるかというと一般的にシミの原因はメラニンと言われていますがそのメラニンはチロシナーゼ酵素により作られているのです。
だからハイドロキノンクリーム4%は、肌の漂白剤と言われるほどチロシナーゼ酵素の働きを抑える力が強くシミの生成を防ぐのです。

 

一度できてしまったシミを消すことはなかなか難しいですよね。
一般的に、シミはレーザーをを使用して治療することが多いようですが、ハイドロキノンクリームがよりすぐれている作用としては、レーザーのようにできてしまったしみを消すことはもちろん、シミの予防にも効果がある点です
また、色素沈着の原因でもあるそばかすを消す、また、予防することもできるのです。
さらに、ハイドロキノンを治療したい肌に塗布することで、シミやシワが徐々に薄くなると共に、予防することができるというメリットもあるのです。
ハイドロキノンの効果を実感する人は多く、実際にしみ・そばかすが薄くなった!色白になった!肌のキメが細かくなった!という人がいるのは事実です。

 

 

ハイドロキノンクリーム4%の使い方

シミ取りに効果的なハイドロ気飲んですが、使用方法を間違うと逆にシミをひどくしてしまいますので使い方には注意してください。

 

ハイドロキノンを塗り方と塗る順番

  1. 洗顔は低刺激のクレンジングで肌の汚れや余分な皮脂を取り除きます。
  2. 刺激の少ない化粧水で保湿して肌を整えます。
  3. ハイドロキノンクリーム4%を患部に薄く塗っていきます。
  4. 日中は治療部位に日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をして下さい。

 

ハイドロキノンを塗る量

 

しっかり浸透させたいという気持ちから多めに塗る方がいますが、薄く塗りこむのが基本です。

 

細胞は無限に吸収できるわけでなく浸透できる量は決まっています。

 

特にハイドロキノンは強い薬ですので、逆に副作用が強くでる可能性があります。

 

薄く塗りこむだけで十分にシミ取り効果は期待できます。

 

水洗いのみはだダメ洗顔はしっかり洗顔料を使って

 

夜塗ったハイドロキノンは朝の洗顔でしっかり落とします。

 

その際、水洗顔ではなく洗顔料を使って薬剤をしっかり落としす。

 

ハイドロキノンが残っているのにUVケアができてない場合はシミを悪化させる原因になります。

 

 

また、すでにできてしまったシミを還元する働きがあるので、日常的な美白ケアにハイドロキノンを取り入れてみるのがオススメです。

 

綿棒?指で塗る?どっちがいい?

 

病院での指導では、指先か綿棒なので、指でも特に問題ないでしょう。

 

ただし、ハイドロキノンを塗布した後の指は水洗いではなく石鹸で洗う方が安全です。

 

 

 

夏場は夜だけが無難

 

夏は紫外線も強くなりまし、汗で日焼け止めクリームが流れてしまうかもしれません。

 

1日部屋で過ごし、化粧直しも小まめにできるのなら夏の日中使用も問題はないでしょうが、そうでない場合、夏の日中にハイドロキノンを使うのは、気づかないうちに日焼け止めの効果が消えていたというリスクがあるので夏場は夜だけにした方が無難かもしれません。

 

 

ハイドロキノン保存は注意!酸化させない保管方法

 

ハイドロキノンクリーム4%は酸化されやすいため、保管にも十分な注意が必要です。

 

配合率の違いで冷蔵庫で保管、常温で保管など違いがあるので、しっかりと使用上の注意を確かめておく必要があります。

 

完全に酸化するとクリームは黒ずみます。

 

念のため表面は毎回捨てると安心です。

 

また、1〜2カ月以上経ったものは酸化してクリームが黄色っぽくなったものは使用しない方がよいでしょう。

 

 

使い続けると白斑のリスクが高まる連続使用

 

ハイドロキノンは強いお薬ですので、連続使用は3か月までとなっています。

 

そのまま連続して使用するとメラニンの生成ができなくなってしまい肌の白抜けがおこる白斑のリスクが高まります。

 

 

シミが増えたという口コミも・・

 

ハイドロキノンは間違った使い方をするとシミが増えてしまうことになります。

 

紫外線などの影響によって酸化されると刺激性が強くなる性質を持つため、肌のトラブル(シミが増えるなど)となる恐れがあるので、日中に使用する場合には、紫外線対策を忘れずに行うことが大切です。

 

これが、不十分だとシミが増えるので、日中の使用を控え夜のみの使用にしても良いかもしれません。

 

ただし、夜に塗ったハイドロキノンクリーム4%は、翌朝の洗顔でしっかり落としましょう。

 

 

トレチノインとハイドロキノンを併用するメリット

 

ハイドロキノンは、肌のシミやシワを除去する強力な働きがあることから肌の漂白剤といわれています。
美白効果は、シミ予防成分である「βアルブチン」のなんと約100倍あります。

 

紫外線や活性酸素などの影響でメラニン色素が過剰に生成され、そのメラニンが皮膚の再生(ターンオーバー)で排出されずに残ってしまうとシミやくすみとなってしまいます。
ハイドロキノンクリームは、使い続けるうちにシミやくすみの原因であるメラニン色素を徐々に薄くしていく効果があります。
ビタミンC誘導体にも同様の作用がありますが、ハイドロキノンはビタミンC誘導体よりもシミを薄く還元する働きに優れています。

 

一方、トレチノインクリームはニキビやシワ、シミに効果があるといわれています。
また、トレチノインの成分は、肌の代謝を上げるビタミンAの100倍の効果があり、表皮の細胞分裂を促進させ、通常よりも早くターンオーバーを行なっていくことが可能です。
さらには、コラーゲンの分泌を高めるなどの効果も期待できます。

 

レチノール配合ユークロマクリームeukroma

 

ハイドロキノンクリームだけでの利用の場合、肌へ浸透しづらいというデメリットがあります。

 

そこで、ビタミンA誘導体であるトレチノインと呼ばれるものがありますが、このトレチノインとハイドロキノンを併用することで、ハイドロキノンクリームの浸透率が高くなり、シミ・そばかすを消すなど、皮膚の漂白効果をさらに実感できるようになるでしょう。

 

ハイドロキノンとトレチノインを別々に購入しても良いですが、ハイドロキノンの濃度は落ちますが、ハイドロキノン2%+トレチノインを1つにしたユークロマも人気があるクリームです。

 


ユークロマ プラス個人輸入

 

>>ユークロマ プラスの詳細はこちら<<

 

本来、ハイドロキノンクリームだけ利用すると、なかなか肌に成分が浸透しづらいデメリットがあります。
そこで、ビタミンA誘導体であるトレチノインと併用することで、ハイドロキノンクリームの有効成分が確実にお肌に浸透することができ、皮膚の漂白効果をより高めることが出来ます。

 

ただし、ハイドロキノンクリームとトレチノインクリームを使用している間は、皮膚が紫外線の影響を受けやすいため、日焼けには充分注意する必要があるので気をつけるようにしましょう。

 

毛孔性苔癬にはユークロマがおすすめ

 

二の腕のブツブツ・太もものブツブツ・背中のブツブツの正体は毛穴の角質が固くなりブツブツになっています。トレチノ

 

このブツブツは茶色や赤の色素沈着をおこしている場合もあります。

 

レチノンによるピーリング効果て古い角質をはがし、ハイドロキノンの漂白力で肌の色素沈着を解消する方法は美容外科でも行われている治療法です。

 

ハイドロキノンとトレチノインを別々に購入しても良いですが、一緒になっているユークロマの方が広範囲の場合手軽かもしれません。

 

ハイドロキノンクリーム4%の副作用

ハイドロキノンクリーム4%は2000年まで日本国内で普通の化粧品への配合が禁止されていました。

 

現在ハイドロキノンを含む化粧品は医薬部外品扱いになります。

 

これはなぜでしょうか?
答えは「副作用が強いから」なんです。

 

ハイドロキノンクリーム4%の濃度が高いと、白斑(白いはんてん)や肌のかぶれ、赤みが出たり、あるいは肌がヒリヒリするなどのアレルギー症状が出ます。

 

ハイドロキノンクリーム使用時には紫外線に注意

 

ハイドロキノンクリーム4%は、紫外線や熱によって酸化するという性質がありますので日中外に出るときは注意が必要です。

 

紫外線を浴びすぎると、患部が白抜けする(シミの周囲が白く抜ける)ことがありますので、昼間ハイドロキノンクリーム4%使用する場合は、必ずUVケアをしましょう。

 

紫外線対策を徹底しないと、シワやたるみ、シミ、皮膚ガンになる可能性も出てきます。

 

赤みや刺激が強く出たときは、すぐに使用を中止し、皮膚科で診察してもらいましょう。

 

乾燥が強くでるアトピーなどアレルギーがある人は注意

 

ハイドロキノンクリーム4%は刺激が強いので、敏感肌の方は市販のハイドロキノン配合化粧品でも、安易に使用するのは止めておいた方がいいでしょう

 

さらに高濃度すぎるハイドロキノンを求める方がいますが、ハイドロキノンクリームは濃度が5%以上になると、副作用の危険性が高くなると、皮膚科専門医から報告されています。
5%以上のものについては注意が必要です。

 

しみ,そばかすにサプリが良いという場合もありますので、副作用が心配な方はサプリも試してみてはどうでしょうか?

 

ハイドロキノン化粧品・化粧水は医薬部外品扱い

最近、ハイドロキノン配合化粧品ということで注目されている商品があります。

  • オバジ「HQ ブライトニングナイトセラム」
  • ロート製薬が、満を持して2010年に発売したエピステームの「HQ ブライトコンセント レイト」
  • エピステーム「HQ ブライトコンセントレイト a」

 

これらは、医薬品扱いにはならず医薬部外品化粧品扱いになります。
ハイドロキノンが2パーセント以上含まれていると医薬品としての扱いになり、それ以下は医薬品外部となります。
つまりオバジ「HQブライトニングナイトセラム」や エピステーム「HQ ブライトコンセントレイト a」は、ハイドロキノンの含有量が2%以下ということです。

 

 

値段が高いハイドロキノン化粧品

 

ハイドロキノン含有のため、美白(シミ)化粧品として注目されているようですが、ハイドロキノンが2%しか含まれていないのに非常に高価な化粧品です。
これは、その他の有効成分が含まれているからです。

 

ハイドロキノンによる美白を求めるのであれば、700円以下で購入できるハイドロキノンクリーム4%が安価で効果が高くコスパが高いと言えます。

 

尚、ハイドロキノンの濃度が2%以上になると刺激も強く肌に負担がかかりすぎてしまいます。

 

安心して使えるのは2%までですが、効果や即効性が低くなります

 

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらえば、その濃度は調節可能ですので、あらかじめ自分に合う濃度が分かっていれば、高い診察を受けずともインターネットで購入することができます。

ハイドロキノンクリーム4%の価格

日本国内では医薬品として扱われているハイドロキノンクリーム4%は、医師の処方箋が必要です。
健康保険の適用外になり自由診療のため処方してもらう病院によって薬価がかなり違います。

 

美容外科でハイドロキノンの美白治療を行った場合2か月〜3か月で5万〜8万かかります。
治療と言っても病院で処方されたハイドロキノンクリームを自分で塗布するだけです。

 

その点、インターネットの個人輸入での購入は、医者が処方する同等のハイドロキノンクリーム4%を低価格で同等品を1本700円以下で手に入れることができます。

 

但し、本来は医師の処方箋が必要なものですから、使用は自己責任のもとで行うようにしましょう。

 

ネット販売は薬事法に違反しないの?

個人輸入で薬を購入することに不安を持ってるという方に多いのが法律違反ではないか?という点です。
以下ベストケンコーでの個人輸入についての説明です。

 

転売は違法です
  • 個人輸入で購入した薬を知り合いに売る
  • ネットオークションなどで売る

など、個人輸入で購入した以外の第三者への転売は違法行為ですので絶対にやめましょう

ハイドロキノン1〜3%濃度のメリットとデメリット

ハイドロキノンには、美白効果の高さから、メラノサイトへのメラニンの生成指令をブロックしたり、既に蓄積されたメラニンを還元し除去する作用があると言われています。
ただし、高濃度のものをつけすぎると、メラニンを作る細胞を壊してしまったり、シミの部分が反対に白く(白斑)なってしまう可能性もあります

 

白くなりすぎてしまった肌はもとの色に戻すことは出来ません。
そのため使用料には細心の注意が必要です。

 

市販のものでは4〜5%が上限のため、一般的な使用状況かで白斑は起きにくいとされていますが、初心者はまず1〜3%の低濃度のものから始めてみるのがおすすめです。

 

まだらの漂白リスクを予防するには

 

顔全体を白くしたいのでハイドロキノンを塗る場合は、濃度が低い方が良いでしょう。

 

低濃度のハイドロキノンは高濃度より副作用リスクは低くなりますが、白抜け(白斑)ができるリスクがゼロという訳ではありません。
しかも、シミやくすみ、美白などへの効果があらわれるためには時間を要する必要があります。

ただ、1〜3%濃度のハイドロキノンは、顔だけでなく体の気になる部位にも使用することもできるので、乳首・お尻、Vラインなどにはおすすめです。

 

 

地黒や黒くなった顔全体に使うならルミキシルクリームがおすすめ

 

地黒の方は美白のためにハイドロキノンを塗るリスクをおかすくらいなら、ルミキシル化粧品の方がおすすめです。

 

漂白効果はハイドロキノンの17倍もあるのに非常に肌に優しく、敏感肌の方でも使える、医療専売化粧品(病院等でしか扱えない化粧品)です。

 

ただし、個人輸入ならば病院より低価格で手軽に購入できます。

 

 

>>ルミキシルクリーム[Lumixyl]公式サイトはコチラ<<

 

 

 

ハイドロキノン親水軟膏4〜5%濃度のメリットとデメリット

ハイドロキノンは、シミにとても効果的であることは知られていますが、漂白型の美容成分であるため、強い濃度を使用した場合、副作用が起こる可能性もあります。
例えば、シミの部分が白く浮いてしまったり、白斑(肌の一部が真っ白になってしまう)が出てしまう場合もあります

 

ハイドロキノンは一般的に、2%までの低濃度4〜5%の中濃度5%以上の高濃度があり2%の低濃度であれば、上記のような副作用の心配はほとんどありませんが、即効性があまり感じられないようです。

 

一方、4〜5%程度のハイドロキノンは、美白効果と副作用のバランスが良い濃度と言われており皮膚科にて処方される濃度は、この4〜5%が多いです。
また、市販されている化粧品においても、この濃度が最高濃度だと言われています。
これを考えると、一般的な濃度だと考える人もいるかもしれません。

 

 

発がん性のリスク

 

5%以上の高濃度のハイドロキノンは、効果が高い反面、副作用が起こりやすいと言われており海外での動物実験では、発がん性があるとの報告もあります。

 

ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど、肌に対するリスクも高くなることが考えられます。

 

長期間の使用は肌トラブルの原因になることもあるため避けるようにしましょう。

 

また、皮膚が弱い人やストレスや疲労を感じる人には刺激が強すぎる可能性があるため、使用を避けることが望ましいと思われます。

ビタミンCとハイドロキノンの効果を比較

肌のアンチエイジングや美肌効果がある成分の中で、大きな効果を得ることができるのがビタミンCとハイドロキノンです。

 

ビタミンCは野菜や果物に含まれる栄養素として知られており、サプリメントとして摂取するイメージがありますが、実は化粧品の成分としても使用されています。

 

主な働きとして、美肌成分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する肌の真皮細胞の線維芽細胞を活性化するはたらきがあります
また、紫外線によるメラニンの生成を抑制するため、美白対策にも効果があるとされていますが、すでにできてしまったシミに対しては大きな効果は期待できないようです。

 

ビタミンCは、もともと酸性で刺激が強いため、敏感肌の方は肌が炎症したり、炎症による色素沈着も考えられますので注意が必要です。
また、抗酸化物質であるため、空気に触れると酸化がすすみ独特の臭いが気になる場合があります。

 

ハイドロキノンはシミやソバカスなどの原因であるメラニン色素を抑制する効果があるため、今できているシミを薄くする効果や、これからできるシミの予防にも効果があります。
また即効性もあり、高い美白効果が期待できます。

 

ルミガンの塗りすぎによる色素沈着

 

ルミガン塗布で起こりやすいのが、目のキワよりはみだした塗り過ぎによる目の周りにクマのような色素沈着が起こるケースです。

 

この場合、ハイドロキノンを使用せず、ルミガンの使用をやめるだけで、色素沈着はなくなります。

 

時間が解決しますので慌ててハイドロキノンを塗るのは辞めましょう。

ハイドロキノン配合化粧品

アイハーブ

●お肌のシミを薄めるナイトクリーム
メーカー: Reviva Labs
価格:1,347円

 

エモリエント(皮膚軟化)クリームには、長年の実績ある効果的なハイドロキノンが用いられており、寝る前に気になるところに少量付けてマッサージをしてください。ダークスポットや皮膚の変色を薄めるのを助けます。

 

 

 

ウエルシアでも買えるオバジ

●オバジHQ ブライトニングナイトセラム
メーカー: ロート製薬株式会社
価格:9,000円(税抜)

 

ハイドロキノン配合。夜、あきらめていた部分へダイレクトにアプローチする事で、一点の悩みもない透明感に満ちた肌へと導きます。

 

 

 

 

エクスフォーレ

●エクスフォーレ HD-5クリーム
メーカー: 花王プロフェッショナル・サービス株式会社
価格:3,456 円(税込)

 

お顔だけでなく、全身の黒ずみにも使用できる、医療レベルのハイドロキノン5%配合クリームです。

 

 

 

 

アンプルール

●ラグジュアリーホワイト シリーズ
メーカー: 株式会社ハイサイド・コーポレーション
価格:5,400〜19,440 円(税込)

 

抗酸化力に優れた4つの機能成分をナノサイズのカプセルに封じ込めたアンプルールのオリジナル成分のAOカプセルと新安定型ハイドロキノンとの最強タッグで美白パワーを最大限に高め、より安全に・より確実にシミ・くすみを集中ケアします。

 

 

ロート製薬のエピステーム

●ラグジュアリーホワイト シリーズ
メーカー: ロート製薬株式会社
価格:13,000円(税抜)

 

ハイドロキノン(整肌成分)・アスコルビン酸・トコフェロール・ツボクサエキス (保湿成分)配合。夜の間にじっくり浸透してクリアな素肌を目指します。

 

 

 

 

サンソリット スキンピールバー

●スキンピールバー ハイドロキノール
メーカー: 株式会社サンソリット
価格:5,000円(税抜)

 

ハイドロキノン配合の洗顔せっけんです。毎日のピーリング洗顔で、古い角質を洗い流し、肌に透明感をあたえます。

 

 

 

 

ナディノラ

 

●ナディノラ
メーカー:ナディノラ
価格:12$

 

ハイドロキノンが3%配合されているアメリカのシミ取りクリームです。

 

 

 

 

 

ミラミン

●ミラミン
メーカー:ゼオスキンヘルス
価格:

 

4%ハイドロキノンでくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整える美容クリームです。

 

 

 

 

ローション

●デルミサ スキンフェイドローション
メーカー:デルミサ
価格:1,347円

 

クリニックでしか手に入らなかった純度99%ハイドロキノンと8種類の植物エキスもたっぷり配合したローションが気になる部分に集中アタックします。
世界22ヶ国で年間100万個のベストセラーシリーズ

 

 

 

ナノhqクリーム

 

●プラスリストア ナノHQクリーム
メーカー:株式会社ジェイメック
価格:10g 3,000円(税別)/30g 8,000円(税別)

 

ハイドロキノン1.9%と活性酸素に強いフラーレン配合。ワントーン明るい輝く肌に導きます。

 

 

 

ハイドロキノを配合してない化粧品

ノエビア

 

●トゥブランシリーズ
メーカー: ノエビア
価格:4,000〜7,000円

 

有効成分・美肌成分をアイテムごとにベスト配合。
ライン使い“全包囲美白”で、澄みわたる白肌へ導きます。

 

 

 

オルビス

 

●トゥブランシリーズ
メーカー: オルビス
価格:2,100〜3,200円(税別)

 

美白成分のアルブチン、潤い成分の紅花エキス、バリア成分W.H.アミノシールドで明るくなめら中肌を作ります。

 

 

 

 

ケシミン

 

●ケシミンクリーム
メーカー: 小林製薬
価格:1,800円(税別)

 

ビタミンC誘導体が集中的に角質層のすみずみまでじっくり浸透して、メラニンの生成を抑え、ビタミンEが血行を促進させます。

 

 

 

ソフィーナ

 

●ソフィーナ white professional薬用 集中美白スティック
メーカー: 花王株式会社
価格:4,000円

 

花王独自の美白有効成分カモミラETが、メラニン発生源の“増殖”と“活性”をWブロックします。

 

 

 

 

ソンバーユ

 

●ソンバーユ No.7
メーカー: 株式会社薬師堂
価格:3,240 円 (税込)

 

馬油の美容効果と保湿力でお肌に潤いを与えます。しかし、シミを防ぐ成分などは入っていないので他のケア用品と併用することをお勧めします。

 

 

 

ドクターシーラボのオールインワン

 

●薬用アクアコラーゲンゲル美白EX
メーカー:株式会社ドクターシーラボ
価格:\4,320〜10,908(税込)

 

W有効成分の持続性ビタミンC+トラネキサム酸配合。 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

 

 

 

ファンケル

 

●ホワイトニング スポッツ スティック<医薬部外品>
メーカー:ファンケル
価格:3,240円

 

美白有効成分を凝縮したオイルが、気になるシミに集中的に働く美白スティックです。ピンポイントでしっかりフィットし、狙ったポイントに徹底アプローチします。

 

 

 

 

モノベンジルエーテル(モノベンゾン)

 

●ベノクイン クリーム 20% 
メーカー:Mac Remedies PVT. Ltd.
価格:

 

有効成分のモノベンゾンがメラニン形成細胞からメラニンの排出を減少させ、メラニン形成細胞を破壊します。モノベンゾンでいったん脱色した皮膚の色素は元には戻りません。

 

 

 

ランコム

 

●ブラン エクスペール メラノライザー AI アドバンスト 
メーカー:ランコム
価格:12,000円(税抜)

 

有効成分エラグ酸、L−アスコルピン酸、2−グルコシドを配合し、シミのもとへアプローチします。

 

 

 

 

リプロスキン

 

●リプロスキン
メーカー:株式会社ピカイチ
価格:50ml・3,113円 / 100ml・5,600円 / 200ml・8,960円

 

ニキビ肌用の化粧水のリプロスキンにはニキビ跡に心配される色素沈着への作用があるダーマホワイトが配合されており、これがシミにも作用すると言われています。